komugi-kurashi’s blog

「盛らない」、等身大の夫婦の暮らしの備忘録を書いてます。

【読書】絵って楽しい 「西洋美術入門 絵画の見方」

おはようございます。

小麦夫婦の旦那です。

 

最近美術に興味がありまして。最初に読めばよかったという本を見つけました。

  

西洋美術入門 絵画の見かた

西洋美術入門 絵画の見かた

  • 作者:池上 英洋
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 個人的評価 5☆☆☆☆☆ (5段階評価です) 

 

絵画に興味をもっても何を読めばいいかわからないですよね。

そんな方におススメの本です。私ももっと早く読みたかったです。

本著は有名な絵画の裏に隠された背景を拡大写真とともに説明しています。

絵画の書かれた当時の人々の常識は、現在の我々がもっているそれと違っています。

絵の意味をわかるうえでは、背景が役にたち、その背景をわかりやすく説明していくれています。

 

美術ってなんで面白いかっていうと、自分のお気に入りの作品や作者を見つけて色々と作品を観る過程で予想外の知識が増えるってことだと思ってます。

別に教養のためというよりも、好きな歌手、タレントみたいな感覚で、好きな画家を見つけるとさらに、関連する画家が出てきて興味の幅が広がっていくという好循環に今のところはなっています。

子供の頃に学校の授業でも、好きな画家を探そうみたいな授業があればもっと小さい頃から絵に興味を持てたのではないのかなと思ってます。

 

 

でそれではみなさま今日もよい一日を!

 

関連する本の感想は以下です。

 

komugi-kurashi.hatenablog.com